SDGsへの取組み

SDGsとは

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。環境保護や世界平和を前提とした経済のあり方など、持続可能な社会を目指すことはわたしたちの社会的責任を果たす上で必要不可欠な事柄です。翔陽では引き続きSDGs達成に向けた具体的な活動を行って参ります。

私たちの取組み

リサイクルで自然環境を守る

資源循環型社会を目指し、翔陽では限りある資源を大切にしています。アクセサリーの元となる「金」も貴重な資源のうちのひとつです。金は鉱山で採掘される際、1tの鉱石から約5g(リング約1個分)しか採れないと言われています。南アフリカやペルー、フィリピンでは金の判別時に水銀を使用する場合も少なくありません。大規模な設備が不要で比較的簡単にできることから子供たちが作業することも珍しくないそうです。僅かな金を採掘するために森林を削り、採掘場を作り、環境と人体にリスクがある方法をとっている現状です。

実際に翔陽では年間約50kgの金をリサイクルします。自然界から掘り起こすのではなく、長年使っていない指輪や壊れたネックレスをお買取することで貴重な資源の再利用に役立てています。

天然資源の消費を抑制し、地球環境への負荷ができる限り低減される社会を目指していくために、貴金属・宝石のリサイクルやリユースを通して自然環境に配慮した活動を行っています。

家財整理で心豊かな暮らしと環境保全

翔陽では総合リサイクル事業部の他にハウジング事業部、家財整理事業部があります。その中でも家財整理事業部では具体的に遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷の片付けなどを行っています。現在は孤独死や少子高齢化などが進みご遺族様だけでは片付けきれいないケースも多いです。翔陽ではご遺族様に代わり、資格を保持した専門スタッフが心を込めて遺品整理を行います。亡くなられた方からご遺族様へのメッセージを見つけ出す為、お品物を一つ一つ丁寧に確認し、想いの架け橋になれるように心がけています。

また高齢者の皆様の現状や孤独死の現場についてなどの講習会やセミナーを行い、高齢化社会の問題やコミュニティーの大切さを積極的に広めることで、地域の孤独死ゼロを目指しています。

・環境に配慮した処分方法
神奈川県地球温暖化対策計画では「2030年度の県内の温室効果ガスを2013年度比で27%削減することを目指す」という目標が設定されています。この削減目標達成の為に翔陽でも下記の取組みを行っています。

家財整理の際にでてきた不要な物は全てまとめて処分するのではなく、ひとつひとつ確認しながら再利用可能なものや資源として活用できるものに分別しています。再生不可能な物は廃棄物処理法に基づいた処分を行い、廃棄物は責任をもって適切に分別・廃棄をしています。海外で需要のある家財や、雑貨等はフィリピンに輸出しています。USED JAPANとして日本人が大切に使用したものは人気があり、日本では処分品となるものでも40ftコンテナいっぱいに詰めると大型トラック2台分(26t相当)の処分品が、まだ使用できる方の元に届きます。月1本の輸出からでもコツコツ続けていくことで大きな役割を担います。

現在機密文書や重要書類を破棄する場合、シュレッダー処理(破砕処理)や焼却処理が中心となっていますが焼却処理はCO2排出による温暖化や焼却後の埋め立て処分によって再利用できないという問題を抱えていました。

翔陽では家財整理の際に見つけた書類は「溶解処理」を行っています。溶解処理は水と撹拌力で解かす為、焼却処理とは異なりCO2や有害物質を排出することなく処理ができます。溶解処理後は紙繊維となりダンボールや再生紙などを製造することが可能になる為、このように環境に配慮した廃棄手段を採用しています。

働きやすい環境を整える

平和で平等な社会を実現する為にまずは企業の活動を支えてくれる社員やその家族に体現する必要があると考えています。翔陽では社員一人一人を尊重し、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 未経験でも安心して働くことができるよう、入社後は先輩社員がサポートする「バディ制度」を実施。入社後も毎月社内研修を実施し、社員全員が定期的に学べる機会を設けています。
  • 「女性だから昇級ができない・・・」「女性だからお給料が少ない・・・」といった性別で差別するようなこともありません。男女平等な評価制度を設けることで労働環境を整え、男性に限らず女性の社会進出も後押ししています。
  • 子育てや介護をしている方向けの時短勤務制度や育児支援金の支給等を行っています。子育てや介護と仕事の両立を目指せるよう、社内体制を整えることで翔陽では全ての方を応援しています。

ボランティア活動の実施

練習量・練習内容・挨拶や素直さ、忍耐力など全ての分野において日本一を目指す野球チーム。横浜都築リトルシニア様へ野球ボールを贈呈致しました。将来的に野球のみならず社会に出て第一線で活躍出来る人間力を育んでいるということで期待あふれる横浜都筑リトルシニア様を応援しています。

翔陽では活動の場を海外にも広げ、海外でのリユースを行いながら海外支援にも力を入れています。世界では貧困や飢餓に飢えている人もいます。翔陽ではその実態を自分達の目で確認し、特に子供達の声に耳を傾け、今わたしたちに何ができるかを考えます。

実際に2019年には社員達でカンボジアへ赴きました。カンボジアでは人口の約75%暮らす農村部では経済格差から貧困で多くの人が苦しんでいる現状です。そのような環境の中でも子供達が十分な成長ができるようにと勉強道具や楽しめる遊び道具等をプレゼントしたり、日本のバーベキューも振る舞いました。そして葛城煙火株式会社様ご協力のもと花火の打ち上げもカンボジアで行いました。一部の国では未だに火薬は地雷に使われていて火薬には負のイメージが強いですが日本では花火という形で感動を演出する素晴らしいものとされています。少しでも世界が豊かになるようにと願いを込めてカンボジアで花火を打ち上げました。

またフィリピンでは国の政策として学校の授業料は無料ですが、学校で必要な文房具が買えず学校に通えない子供たちがいます。生活を助けるために大人と一緒にゴミを拾い、読み書きを覚えられないことも珍しくないそうです。翔陽では国内中古品の再資源化で得られた利益を有効利用しフィリピンにあるスモーキーマウンテンの子供たちに教材300セット寄贈しました。これからも一人でも多くの子供達が整った環境で多くの知識を学び、選択肢のある人生を持てるように翔陽では支援活動を続けていきます。

カンボジア花火プロジェクト

engage